イメージセンサー(CCD CMOS)のゴミ問題

デジタル一眼レフユーザーの悩みの種が、
CCDなどのイメージセンサーについたゴミ問題です。

サービスセンターに持っていけばよいのですが、
費用と作業日数がかかるのが問題です。

そこで何か解決策はないかと探していたら、
ニコンよりクリーニングキットが発売されていました。

a0020901_17213118.jpg


さっそく購入!

中には、トレーニング用CD-ROMとクリーニングキットが付属。
センサークリーニングから、レンズ、ファインダーのクリーニングの方法が説明されている。

センサークリーニングは、シルボン紙という紙を木ヘラに巻きつけて使います。
アルコールを軽くつけて、センサーをグルグルとキレイにしていきます。

a0020901_1724414.jpg


清水の舞台から飛び降りるつもりで、イメージセンサーにアタック!

a0020901_17263217.jpg


ところが! 
なんと、余計にゴミが増えているじゃありませんか!!!

8回のクリーニングの後に、やっとキレイになりました。
やはり、慣れと職人技の領域ですね。
結構疲れました。

最初は、センサーに触れることにびくびくだったのですが、
慣れてしまうと、結構平気で掃除できましたよ。

PS)ミラーのクリーニングのほうがデリケートなようで、
 このクリーニングキットをもってしても、掃除しないでくれって事でした。
[PR]

  by photo_kanae | 2004-11-11 17:28 | 道具に関すること

<< 川の流れがとてもキレイでした。 小さな命 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE