200円でできるピンホールカメラ

ピンホールカメラって、やってみたいなーって人多いと思いますが、
なかなか作るの面倒だったり、材料がわからないですよね。

そんなあなたに、200円でできるピンホールカメラを紹介します。

■必要な道具
お手持ちの35mmデジカメ
ボディキャップ(ミラーのところのボディのふた)約200円
アルミ缶

■やること
アルミ缶をはさみでチョキチョキきります。
大きさは2Cm角ぐらいでよい。
本などの上におき、中心に針をあて、金槌で軽くたたく。
ほんの小さな穴を開けるのがコツ。

ボディキャップの中心にドリルなどで穴を開ける。
直径5mm程度でよい。
裏から先ほどのアルミ片を貼り付ける。
終了

■セットアップ
それをボディにつけて撮影するだけ。

■なんと手持ちで撮影できちゃう
ボディだけのような怪しい姿ですが、ちゃんと写ります。
しかも、これまでのピンホールカメラでは考えられなかった手持ち撮影、AE撮影ができます。(^_^;)
ピンホールカメラといえば、何分、何時間も三脚につけてという世界でしたが、デジカメにセットし、ISO3200あたりにしたやると、結構手持ちで撮れるんですよ。

しかも、絞り優先AE(キャノンの場合)で撮影できます。これまでは、推定絞りf250-300ぐらいから、手計算でシャッターを算出していましたが、なんと機械任せでOK!

普通に、撮れちゃいます。

ただ、絞りがすーーーーーごく暗いので、ファインダーは無茶暗いですよ。

どれぐらい撮れるか見てくださいね。
a0020901_1033867.jpg


a0020901_10332359.jpg

こちらが、通常のレンズで撮影した画像。
比べてみると、やっぱりくっきりはっきりですよね。(^_^;)

PS)びっくりしたのが、ブツブツだらけになること。
 そう、CCDセンサーについたゴミが思いっきり見えてしまうのです。
 こんなに汚れてたんだって、驚きますよ!
[PR]

  by photo_kanae | 2004-07-22 10:37 | 道具に関すること

<< カヤの平高原 上海夜写 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE